Go+Luaのチャットボットフレームワークを作った

たまには実用的なものをつくろうと思って、Go+Luaで置くだけで動くチャットボットを作ってみました。Slack, IRC, Hipchatをサポートしています。

チャットボットといえばHubotだと思いますが、もっとさくっと動かしたいという方におすすめです。置けばうごきます。

特徴は以下です。

  • Goなので置けば動く
  • それでいてLuaでスクリプトを書ける
  • 最初からマルチスレッド(複数goroutine)を考慮している
  • HTTP(S)サーバ機能があるのでWEBHOOKも一緒に作れる
  • 定期ジョブも流せる
function main()
  local bot = golbot.newbot("Slack", { token = "xxxxx" })

  bot:respond([[\s*(\d+)\s*\+\s*(\d+)\s*]], function(m, e) -- 3
    bot:say(e.target, tostring(tonumber(m[2]) + tonumber(m[3])))
  end)

  bot:serve(function(msg)
    if msg.type == "say" then
      bot:say(msg.channel, msg.message)
      respond(msg, true)
    end
  end)
end

こんな感じのよくあるAPIです。特徴的なのがworkerの仕組みで

function main()
  bot:respond([[deploy]], function(m, e)
    bot:say(e.target, "accepted")
    goworker({target=e.target, type="deploy"})
  end)

  bot:serve(function(msg)
    if msg.type == "say" then
      bot:say(msg.target, msg.message)
    end
  end)
end

function worker(msg)
  if msg.type == "deploy" then
    do_deploy()
    notifymain({type="say", target=msg.target, message="your deployment has been completed"})
  end
end

このように goworker でLuaからGoroutineをつくって重い処理などをWorkerで実行することができます。Workerからは notifymain でメインGroutineにメッセージをおくることができます。

HTTPサーバ機能では以下のような関数を定義するだけで簡単にWEBHOOKが作れます。

function http(r)
  if r.method == "POST" and r.URL.path == "/webhook" then
    local data = assert(json.decode(r:readbody()))
    local message = data.item.message.message
    local user = data.item.message.from.name
    local room = data.item.room.name

    local ret = {
      message = "hello! from webhook",
      message_format = "html"
    }

    return 200, headers, json.encode(ret)
  end
  return 400, headers, json.encode({result="not found"})
end

定期ジョブは以下のような感じ。

function main()
  golbot.newbot("Null", { 
    http = "0.0.0.0:6669" ,
    crons = {
      { "0 * * * * * ", "job1"}
    }
  }):serve(function() end)
end

function job1()
  print "hello!"
end

チャットボットのためだけにNode.jsとnpmはちょっと・・・という場合にぜひ。

comments powered by Disqus